スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・中村2軍コーチのユニホーム盗難 ホテルに不審な男(産経新聞)

 プロ野球、阪神タイガースの中村豊2軍コーチ(37)のユニホームが宿泊先の兵庫県姫路市内のホテルで盗まれていたことが8日、分かった。姫路署が窃盗事件として捜査している。

 同署によると、中村コーチは5日午後5時10分ごろ、姫路球場で行われた中日ドラゴンズとのウエスタン・リーグ公式戦を終え、ホテルに戻り、ユニホームを部屋の前にあった洗濯袋に入れてミーティングに出席した。

 中村コーチが約20分後に戻ると、廊下に不審な男がおり、声をかけると非常階段から逃げ、洗濯袋を確認すると背番号「87」が付いている上着だけがなくなっていた。選手らも宿泊していたが、ほかに被害はなかった。男は30~40歳で身長約170センチ。黒っぽい服装だったという。

【関連記事】
W杯コロンビア代表が盗難被害 ヨハネスブルクのホテル
秩父宮記念スポーツ博物館が14日に開館へ 五輪金メダルの盗難被害で休館中
“勝負服”盗難 レアグッズに群がる競馬ファンのゆがんだ心理
盗難グローブ見つかる…長谷川「盗った人反省」
西脇市「展示方法を再考」 長谷川選手のグローブ盗難・発見
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

枝野新幹事長就任会見詳報(1)(産経新聞)
「落ち着いて」の言葉無視、胸などに深い傷/横浜・弁護士殺害事件 (カナロコ)
危ない市議会開会…ヘルメットで地震に備え(読売新聞)
遷都1300年協会に脅迫文=43歳男を逮捕―奈良県警(時事通信)
4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社
スポンサーサイト

延期の首相会見、午後7時の見通し…方針決定後(読売新聞)

 28日午後5時に予定していた沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関する鳩山首相の記者会見は延期され、午後7時に首相官邸で行う見通しとなった。

 首相の会見は、同日午後6時に開く基本政策閣僚委員会で与党党首級らが最終的に調整し、臨時閣議で政府の対処方針を決定した後に開かれる。

産廃処分、家族4人を逮捕=無許可で天理市に―大阪、奈良両府県警(時事通信)
郵政法案審議、地ならし 放送法改正案、与党強行採決(産経新聞)
ヤギふれあい、マラソン中止…口蹄疫影響全国に(読売新聞)
マーケティングは社内から――インサイドマーケティングのすすめ(Business Media 誠)
謎の古代動物は原始イカ類=5億年前の新化石分析―カナダ(時事通信)

大阪女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員逮捕(産経新聞)

 大阪府四條畷市の女性が今年1月に行方不明になり、大阪府警は18日、女性の遺体を捨てたとして、死体遺棄容疑で、女性と交際していた同府吹田市佐竹台、葬儀関連会社「デフィ」常務執行役員、川上敏彦容疑者(52)を逮捕した。府警は殺人容疑でも調べる。府警によると、川上容疑者は同日朝からの任意の事情聴取に対し「東大阪の会社に遺体を置いている」と供述。府警が、東大阪市加納の同社生花部東大阪事業所を捜索したところ、供述通り敷地内で遺体が見つかった。

 遺体は、川上容疑者の交際相手でデフィ元社員の浜地通栄(みちえ)さん(39)=同府四條畷市南野=とみられ、府警で確認を急ぐ。川上容疑者と浜地さんは以前、同じ職場で上司と部下として働き、4~5年前から交際していたという。

 浜地さんは1月2日、同居している長男を、川上容疑者と一緒に車で同府寝屋川市の実家へ送ったのを最後に行方不明になった。

 長男が5日、帰宅したときにはすでに浜地さんの姿はなく、出勤予定だった6日になっても帰宅せずに連絡も取れなかった。そのため、長男が実家に相談し、浜地さんの母親が7日、寝屋川署に捜索願を提出した。

 浜地さんの携帯電話が不通で、預金口座の現金が一度も引き出されていないことなどから、府警は事件性があると判断。最後まで浜地さんと一緒にいた川上容疑者に事情を聴いたところ「知らない」と答えたが、説明の一部に矛盾があったため周辺を捜査していた。

【関連記事】
被害女性の養父が車内で練炭自殺 大阪・ポリ袋死体遺棄事件
被害女性の養父?自殺 淀川堤防ポリ袋殺人死体遺棄
川底からダンベル、遺体につけた重り? 鶴見川女性殺人
2年前も保険金かけ不審死 ネット縁組は今年2月
淀川堤防ポリ袋遺体、36歳女性は化粧なし
中国が優等生路線に?

桜 若木35本、根元付近で切断 河川敷に放置 山口(毎日新聞)
将棋 文部科学相と総務相にアマ五段免状(毎日新聞)
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議―警視庁(時事通信)
青木氏後継に長男の一彦氏=参院島根で自民県連(時事通信)
普天間 鳩山首相 23日に沖縄県再訪問で調整へ(毎日新聞)

車から振り落とし男性死なす、出頭2人逮捕へ(読売新聞)

 16日午前5時5分頃、京都府福知山市堀のアパート1階の派遣社員男性(38)方に男が侵入しているのを男性が発見。

 男はアパート前に止めていた車に乗り込み、制止しようとした近くの無職、北野孝さん(59)をボンネット上に乗せて発進し、約150メートル先で振り落として逃げた。北野さんは頭を強く打って死亡した。

 車の助手席には別の男が乗っていたといい、同日午後、20歳代の男2人が相次いで福知山署に出頭、殺人容疑などで逮捕する方針。

 同署によると、男性は妻(32)と長女(2)の3人暮らし。「ドスン」という音で目を覚まし、浴室に行くと男がおり、「何してるんや」と言うと窓から出て行った。窓は無施錠だったという。

 男性の妻からの電話で北野さんが自分の妻と一緒にアパート前に駆けつけ、逃げようとしていたワンボックス車の前で立ちはだかった。車はそのまま発進。北野さんは車にしがみついたが、近くの交差点を右折したところで振り落とされた。

 自宅に侵入された男性の妻は「なぜうちが狙われたのか心当たりがない。北野さんは優しく頼りになる人。どうしてこんなことに」と声を落とした。

 現場はJR福知山駅南東約1キロの住宅街。当時、人通りはほとんどなかった。

普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調(産経新聞)
<NPT会議>日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
原因不明…全身のかゆみ 乾癬の存在知ってほしい(産経新聞)
首相動静(5月12日)(時事通信)
<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)

手順が違う国家公務員の採用半減 しわ寄せは公務員目指す若者に(産経新聞)

 来年度の国家公務員の新規採用数が激減する-。公務員を目指し勉強してきた学生から「冗談じゃない!」といった怒りも聞こえてきそうな方針が、このほど政府から発表された。

 平成21年度の実績(9112人)に比べて「おおむね半減」にするのだという。原口一博総務相が閣僚懇談会で表明し、鳩山由紀夫首相も「しっかりやってほしい」と指示を与えた。

 政府内では早くも反発の声が上がっているが、今回はこの問題について、背景や鳩山政権の狙いを読み解いてみたい。

 抑制方法は、(1)出先機関(2)本省の企画・立案部門(3)専門職種(4)官民交流などの受け皿となる任期付き職員-の4グループに分け、それぞれに採用抑制率を決めるのだという。

 「国の税収が減る中で、新規採用を昨年と同じようにはやらない」との説明も聞かれる。確かに、民間企業でも経営が悪化すれば新規採用を抑制する。

 だが、今回のケースは民間の新規採用抑制とは前提が大きく異なる。民間が新規採用を大幅激減させるような場合は、同時に組織を徹底的にスリム化するのが一般的だ。ところが鳩山政権には、そんな動きは見られない。

 というよりも、鳩山政権は自らの政権公約のジレンマで動けなくなっているといったほうがよい。(1)天下りあっせんを全面禁止し、定年まで働ける環境づくり(2)国家公務員の総人件費2割削減-という逆方向ともいえる2つの政策を、同時に実現するとしていることだ。

 もう少し詳しく説明しよう。

 天下り禁止というのは、これまで「早期勧奨退職」の対象になったはずの中高年職員がそのまま役所に勤め続けることを意味する。給与水準を下げない限り人件費総額が膨張することは、すぐ分かる話だ。

 ところが、鳩山政権は公務員の給与体系に及び腰なのである。給与を下げるとなれば公務員の反発が必至だからだ。野党からは「労組を支持基盤とする民主党としては、参院選前の難問を避けたいというのが本音」との見方が出ている。

 今国会に提出した公務員制度改革法案も、給与や人事制度の見直しに関する部分は先送りした。給与などに手を付けるには国家公務員の労働基本権を見直さなければならないが、これについても動きは鈍い。

 にもかかわらず、総人件費の2割削減の公約は降ろさない。「早期退職による人数調整は行わず、給与も下げない。だけど総人件費は減らします」ということだ。どんな敏腕経営者でも頭を抱えるだろう。

 そこで、苦肉の策として考え出したのが新規採用者の抑制だったというところであろう。鳩山首相は「単に天下り斡旋(あっせん)の根絶に伴う当面の定員管理ではない」と釈明するが、とてもうのみにはできない。

 「年功序列」の現役公務員の給与体系には手を付けず、これから社会に出ようという若者に「しわ寄せ」が及ぶようなやり方は到底、理解は得られまい。

 そうでなくても若者の雇用の不安定さが、年金未納や出生率の低下など、さまざまな社会問題として表面化している。国家公務員の極端な採用枠削減が、民間の採用マインドを下げることにならないかとの懸念も広がっている。

 「税収が少なくなった」ことを採用抑制の理由に挙げるのであれば、現職公務員の処遇を見直すことこそ、優先させるべきだろう。少なくとも新規採用抑制とセットだ。

 こういう批判が出ることを想定していたのか、鳩山政権は、希望退職制度の導入や、ラインから外れたベテラン職員の処遇方法として、政務三役をサポートする「専門スタッフ職」を新設し、給与も幹部職員よりは抑制する案をまとめる方向で調整に入った。

 ただ、希望退職者制度を導入したところで、どの程度の人数が応募するかは未知数だ。専門スタッフ職も、給与水準をどの程度下げるのかは不透明。「天下りできなくなった人を雇い続けるために、わざわざ不要な仕事を創出するというとではないのか」(野党議員)といった実効性を疑う声も出ている。

 支離滅裂なのが天下り禁止の見直しだ。省庁のあっせんがないことを条件に、「早期勧奨退職」を経過的に継続させる考えなのである。新規採用者の半減だけでは、膨張する人件費をまかないきれないと、ようやく気づいたのであろう。

 ただ、これまでの主張とは百八十度違う話だ。職員給与を下げられないために、天下りを事実上認め続けるというのは本末転倒である。

 話を新規採用数の半減に戻そう。鳩山政権が削減ターゲットの中心として考えているのが、国の出先機関だ。

 国の出先機関を原則廃止する方針は民主党のマニフェストの「地域主権」の目玉の1つだ。国の出先機関は地方自治体と業務が重複するなど、無駄の温床になっていると指摘されてきた。地方移管や人員の縮減が勧告もされてきたが、各省の強い抵抗で実現してこなかった。

 仕事や組織がなくなるのだから、人員を確保する必要はないというのが理屈のようだ。確かに、国の出先機関の抜本改革は急務である。不要な人員を確保し続けろと言っているわけではない。

 だが、ものごとには手順というものがある。出先機関の廃止の道筋も定まっていない段階で、先に新規採用だけを絞り込むことはどうなのか。いくら将来的に廃止しようと考えているとはいえ、現在働いている人はいる。業務に支障が出ないか、しっかり検討したのだろうか。

 出先機関以外の部署にも採用数絞り込みの懸念は広がっている。そもそも、新規採用者だけを激減させるというやり方は、年齢構成をいびつにし、何年も先になって組織のひずみを生むことにもなる。今後も採用抑制を続けるのか。その場合、どんな規模とするのか。はっきりさせないと混乱を招く。

 長期にわたる業務の継続性が求められる官庁は中長期的な人員計画が必要だ。政権が交代するたびに、採用方針がクルクル変わったのでは計画そのものが立てられない。

 もちろん、いまの採用数のままでよいというつもりもない。水ぶくれした組織もあるだろうし、逆に、時代の変化の中で、より手厚くしなければならない部署もあるだろう。ただ、抑制するといっても、いきなり「半減」というのは“パフォーマンス先行”とみられても仕方あるまい。

 省庁再編を含め、行政組織の在り方をどう変えていくのか。省庁別となっているいまの人事体制をどう改めるのか。どこまで民間や地方に業務を移譲するのか。こうしたことを1つ1つ考えていかなければ、最終的に必要な公務員数なんて定まらないであろう。

 国民が期待するのは、公務員バッシングでもなければ、組織縮減ありきのリストラでもない。複雑化した現代社会の諸課題に迅速に対応できる「機能する政府」をどう作っていくかを求めているのである。

 鳩山政権には、こうした視点を踏まえた上で、公務員制度改革の全体像を早急に示してもらいたいものである。(論説委員 河合雅司)

【関連記事】
[公務員採用半減] 安易すぎる数合わせ対応
首相、国家公務員採用の半減を指示
鳩山政権浮上の“切り札”仕分け第2弾、標的は…
民主党政権で学生の「官僚離れ」に危機感 経産相がメッセージ
中国でも公務員が大人気 100万人が殺到
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相(医療介護CBニュース)
被害拡大防止できずおわび=水俣慰霊式で謝罪-首相(時事通信)
40歳の息子を殺害、父逮捕=ネクタイで首絞める-香川県警(時事通信)
空席目立つ橋下劇場、知事「飽きられたのかも…」(産経新聞)
54歳女性 路上で血を流して重体 詳しく捜査 横浜(毎日新聞)
プロフィール

Author:すずのよしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。